任意整理のデメリットはこういうところ

任意整理のデメリットはこういうところ

任意整理のデメリットはこういうところ

任意整理のデメリットの一つとして、それができない場合があることが挙げられます。具体的異な例を挙げれば、無職で収入が全くない人の場合には、任意整理はできない場合が多いです。なぜならば、任意整理は債権者の同意が必要だからです。そもそも度言った制度なのかを把握しておく必要があります。

自己破産の場合、裁判所が判断して免責になるかどうかが決定します。裁判所がOKを出せば、債権者が嫌だと言っても自己破産は成立するのです。これに対して、任意整理では債権者と交渉をして成立させるものですから、債権者が応じなければ成立しないというデメリットがあるのです。

任意整理では借金がすべて帳消しになるケースはほぼないと考えておいた方が良いです。その後の利息は発生しないように交渉できることもありますし、借金の金額自体を減額できる場合もありますが、全くなくなることはほぼありません。ですから、債権者が応じてくれたとしても、その後は減額された借金を返済していかなければなりません。無職で収入が一切ない場合には、返済する当てがありませんから、債権者が応じてくれることはほぼないと考えておきましょう。例外的に、家族が支援してくれる場合などに成立することはありますが、これもまれなケースです。

どちらにしても、債権者が応じてくれなければ何もできないというのがデメリットの一つだと考えられます。任意整理が成立しなかった場合には自己破産を視野に入れて考えるといったことも視野に入れておく必要はあるでしょう。